RSS
 

遺骨ペンダントの選び方|手元供養 本舗 ロケットペンダント 遺骨ペンダントの専門店

【手元供養・遺骨ペンダント辞典】

新しい自由なスタイルの手元供養・遺骨ペンダントについてまとめました。

ウィズステンレスとチタンの違い

様々な素材がある遺骨ペンダント

遺骨ペンダントには、通常のファッションのアクセサリーと同様に様々な素材のものがあります。
例えば、真鍮・ゴールド・シルバー・プラチナなどが一般的によく知られている素材かと思います。
「遺骨ペンダント」として使うということは、
 ●大切なお遺骨やお遺髪等を納める
 ●肌身離さず毎日身に付ける
 ●お風呂やプールや海など、水に浸かるシーンもある

これが、普段ファッションとして使うアクセサリーと遺骨ペンダントの違いです。
今回は、その選び方や素材ごとの特徴を簡単にご説明し、大切な一生ものの商品のご参考にしていただければと思います。

遺骨ペンダントで使用される主な素材一覧

遺骨ペンダントで使用される主な素材の特徴を一覧にまとめてみました。

アクセサリー使用素材の特徴
真鍮 アルミ シルバー ゴールド プラチナ ステンレス チタン
重さ 軽い 軽い 軽い やや重い 重い 重い 軽い
硬さ 柔らかい 柔らかい 柔らかい 柔らかい 硬い 硬い 硬い
種類 豊富 少ない 豊富 豊富 やや豊富 少ない 少ない
変色 しやすい しやすい しやすい しづらい ほとんどしない ほとんどしない ほとんどしない
金属アレルギー 起こしやすい 可能性有り 可能性有り 可能性有り 起こしにくい 起こしにくい 起こしにくい
価格 安価 安価 安価 高価 高価 安価 やや安価
※メッキを施したものや、様々な金属を混ぜてアクセサリーにしているものもありますのでこの表が必ずしもというわけではありません。あくまで、「遺骨ペンダント」としてご使用になる場合の参考にお願いしていただければと思います。

遺骨ペンダントとして選ぶ場合は?

●酸化など劣化が不安な方  →  チタン、ステンレス、プラチナがおすすめ
●海、プール、お風呂など水に浸かる方  →  チタン、ステンレス、プラチナがおすすめ
●金属アレルギーが不安な方  →  チタン、ステンレス、プラチナがおすすめ
●傷が付かないか不安な方  →  チタン、ステンレス、プラチナがおすすめ
●重みを感じていたい方  →  ステンレスがおすすめ
●長時間身に付ける方  →  チタンがおすすめ
●価格を重視されたい方  →  真鍮、シルバー、ステンレスがおすすめ
●デザインを重視されたい方  →  シルバー、ゴールドがおすすめ

総合的に見て、「チタン」「ステンレス」「プラチナ」が遺骨ペンダントとして使用される際には非常に相性が良いのが分かります。
手元供養本舗では長く安心して身に付けていただける「チタン」や「ステンレス」を手元供養本舗は選びました。

「チタン」と「ステンレス」と金属アレルギーについて

■金属アレルギーの原因
一般的に言われている原因は、アクセサリーを身に付けて汗や体液と触れたときに、成分が溶け出し体内に入ることがあります。そのときに、異物により身体が拒絶反応を起こし、同じ金属を着けると皮膚炎などの症状を起こすと言われています。

■素材によって違う金属アレルギーの起こしやすさ
金属アレルギーの起こしやすさ
特に合金化されていないニッケルやコバルトの素材そのものは、汗の塩素イオンに非常に溶けやすいため金属アレルギーを起こしやすい素材と言われています。

■金属アレルギーと「耐食性の関係」について
アクセサリーでは、色々な金属を混ぜ合わせる事があるので金属アレルギーを起こす可能性も0ではありません。
その例として、銀は銀でも“純正の銀”だったらは毒性が無いので安全な素材と言われています。
銀はよく食器として使われていますよね。
金属アレルギーは「耐食性」に関係します。
「耐食性」とは、様々な環境によって変質しやすいかどうかです。
耐食性が高いと金属が溶け出しにくいので、金属アレルギーを起こしにくい素材になります。

■チタンと金属アレルギー
チタンは、耐食性が高い素材なので金属アレルギーを起こしにくい素材になりますので、お選びいただく際には最も安心できる素材の1つです。
身近なものでいえば、人口の歯の根にも使われていますよ。
身体に触れる金属では恐らく最高の金属アレルギーの起こしにくさをもっているのではないでしょうか。
その理由は、チタンは大気中で酸化皮膜というものを作るので外に成分が溶け出しにくくなっています。ちょっと難しいですね・・・^^;
もちろん、必ずしも「0」ではなくごくごくわずかな方でもチタンアレルギーを起こす方もいらっしゃいます。
ただお選びいただく時は、最も安心のできる素材の一つです。
>>メモリアルペンダント"ウィズ"〜チタン〜はこちら

■ステンレス(316L)と金属アレルギー
手元供養本舗のステンレスは「ステンレス316L」というものを使用しています。
実は、ステンレス自体が「耐食性(どんな環境でも変質しにくい)」が高いので金属成分が溶け出すことがほとんどないのです。
なので、金属の中でも特に金属アレルギーを起こしにくい素材なのです。
医療現場でもよく医療器具として使われている素材です。
※耐食性が高いとはいえど必ずしも金属アレルギーを起こす可能性は「0」ではありません。
簡単に言えば、ステンレスの中で最高級レベルのものです。
【豆知識】
このステンレスでも、実はニッケルなどの金属が含まれているんです。
↑上の表にある通り、「ニッケル」は金属アレルギーを起こしやすい素材です。
「ニッケルが入ってると金属アレルギーを起こすのでは…」と思うかもしれませんが耐食性が高いので、成分が溶け出すことがほとんどありません。
>>メモリアルペンダント"ウィズ"〜ステンレス〜はこちら
>>メモリアルペンダント"ウィズ"〜ステンレス・ミニ〜はこちら

ページトップへ