RSS

手元供養本舗日記【法要】

仏式の法事は、四十九日まで七日ごとに行われる「中陰供養」と
一周忌以後に年を決めて行う「年忌法要」の2種類に分けられます。

一般的に三十三回忌か五十回忌で一区切りし法要を終えますが、
基本的には故人の供養は「ここで終わり!」という決まりはありません。

またキリスト教にも年忌法要にあたる祭式があります。
神式では一年、三年、五年、十年祭と続き、それ以降は十年ごとに行い、
五十年まで続きます。

回忌を決めて、親族や仲間が集まって故人を想うことはとても
大事なことですよね。

また遺骨ペンダントは何回忌、と決めなくてもいつでも故人を
偲ぶことができるとても素敵なペンダントだと思います。

1月17日(月)

●遺骨ペンダント専門店 ロケットペンダント、メモリアルペンダントの手元供養本舗

●ペットの手元供養専門店、リトルパートナー

ページトップへ