RSS
 

思いがこめられているように

『思いがこめられているように』 I様

本日、3月22日、届きました。
いろいろと、ご親切なはからい、ありがとうございます。

3月11日、電話にて、中村さんとお話し、ペンダントをお願いしたその直後に、
当地でも大揺れの大地震、東北各地は津波で多大な被害を被り、
多くの尊い命が失われました。

そして、3月18日は、彼岸の入りで、墓参を済ませ、帰宅した直後に、ペンダントが届きました。
早速、お骨をペンダントにおさめました。
今回のお願い、そして、その経過から、ペンダントには、亡妻だけでなく、
この度、亡くなられた大勢の方々の思いがこめられているように思えてならないのです。

妻逝って8年余の歳月を経ておりますが、墓に納骨する前に、少しだけ分骨しました。 
亡妻の山好きということもあって、この8年余の間、あちこちの山々を経巡り、眺望のよい山頂、
花咲き乱れる草原、水澄む清流などに、少しずつ散骨してまいりました。
現在、お骨も、ほんの僅かを残すのみとなりました。
この際、少しだけでも、手許に残しておきたいと思いいたり、それが、今回のペンダント購入のきっかけです。 
ペンダント、とても気に入りました。
おかげさまにて、これで、手許に置ける、よい記念の品が出来ました。
感謝です。

今回の中村様のご親切なはからい、ご丁寧な応対に、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。 
御礼まで。    合掌

店長のコメント

I様
今回の東日本大震災は言葉にもなりません。
ただただ、一日でも早い復興をお祈りするだけです。

しかし、私も五十嵐様のように今回の地震に関して、
災害の被害にあわれた方々に、 「今後、お客様と同じような思いをなされるご遺族様のお役にたてるようしっかりやれよ」 と背中を押されているような気がしてなりません。

私ができること、
> 妻逝って8年余の歳月を経ておりますが、墓に納骨する前に、少しだけ分骨しました。
> 亡妻の山好きということもあって、この8年余の間、あちこちの山々を経巡り、
>眺望のよい山頂、花咲き乱れる草原、水澄む清流などに、少しずつ散骨してまいりました。
こんな素晴らしい気持ちや思いをもたれている方のサポート。
これからも一緒にいられるという安心感をお届けすることだと思います。

地震以来、感情が入りすぎて取り留めのない文章になり申し訳ございませんが、
今後とも、残されたご遺族様のお役にたてるよう益々精進してまいります。

2011年03月22日

ページトップへ