RSS
 

手元供養本舗日記【お線香】

小さい頃、お線香といえば煙たくて臭うイメージでしたが、
最近はフローラルやハーブ系の香りがするお線香もたくさん出てきました。
自分の好きな香りを選べるのがいいですよね。

さてお線香は何でできているかご存知でしょうか?

香る線香の場合は、主にタブという木の樹皮から出来ており、そこにさまざまな香りのもととなる樹脂などを調合して作られております。

線香の元となる原料の代表的なものは3種類ございます。

【沈香(じんこう)】・・・東南アジア全域のジンチョウゲ科のある香木です。

【伽羅(きゃら)】・・・原産国はベトナムで、沈香の一種です。伽羅はとても品質が高くよい香りを発するとされております。

【白壇(びゃくだん)】・・・原産国はインド、インドネシアです。その中でもインドの南部で採れた良質のものは「老山白壇」と呼ばれ、仏像にも使われております。

いかがでしたか?ちょっとした豆知識になりましたでしょうか。

11月20日(土)

●遺骨ペンダント専門店 ロケットペンダント、メモリアルペンダントの手元供養本舗

●ペットの手元供養専門店、リトルパートナー

ページトップへ